nanacoカードのチャージ方法|便利なオートチャージからクレジットチャージまでを解説!

nanacoカード(ナナコ)

 

いつものように、『ピュリーン♪』とnanacoでスマートにお買い物…のはずが、残高不足で慌ててしまった、なんて経験をしたことはありませんか?

そして、そんなときに現金でチャージしている方、不足分を現金で払っている方、さらには、手元に現金が無くて購入を諦めたなんて方にも、nanacoには、現金よりもクレジットカードを使ったチャージ方法がオススメですよ。

断然便利で、断然、お得なのです!

そこで、「何がお得なの?」、「クレジットカードのチャージってどうやるの?」といった疑問をお持ちの方に、クレジットカードでのチャージ方法とチャージに秘められたお得な魅力を徹底解説します!

せっかくチャージするなら、最大限の便利とお得をゲットしてしまいましょう!

nanacoカードにチャージする方法

nanacoカード(ナナコ)

nanacoカードには、大きく分けて4種類のチャージ方法があります。

  • チャージ方法①現金でチャージ
  • チャージ方法②クレジットカードでチャージ
  • チャージ方法③nanacoギフトでチャージ
  • チャージ方法④nanacoポイントを交換

まずは、それぞれのチャージ方法について、詳しく把握していきましょう。

チャージ方法①現金でチャージ

nanacoチャージで基本となる、現金でのチャージ方法は以下の3種類があります。

  • お店のレジで現金チャージ
  • セブン銀行ATMで現金チャージ
  • nanacoチャージ機で現金チャージ

それぞれに共通した利用条件があり、チャージ上限額は50,000円で、1回にチャージできる金額は1,000円単位・49,000円まで。一度チャージした分は、現金として返金してもらうことはできません。

  • 現金チャージの上限額:50,000円
  • 1回のチャージ可能額:1,000円単位で49,000円まで
  • チャージ後の返金は不可

現金チャージのメリットは、手軽さと1,000円単位でチャージ可能なこと。nanacoを使う機会が少ない方にオススメです。

お店のレジで現金チャージ

まずは、最もわかりやすいお店での現金チャージ方法を紹介していきます。

  1. レジの店員さんに「チャージしてください」と声をかけ、チャージしたい金額を支払う
  2. お手持ちのnanacoカード(またはnanacoモバイル)をカードリーダーにかざすだけで完了

ただし、nanacoが使えるお店ならどこでもチャージできる、というわけではないので要注意。現金チャージ可能なお店の詳細は、nanacoホームページをご確認ください。

セブン銀行ATMで現金チャージ

チャージだけをササっと済ませたいときに便利な、セブン銀行ATMを利用した現金チャージ方法を紹介していきます。

  1. ATM画面に表示されたボタンのなかから『電子マネーチャージ』を押す
  2. 読取部にnanacoをセット
  3. 画面操作に従ってチャージしたい金額を支払うだけで完了

平日も土日祝日も、チャージ手数料は無料。お店が営業していれば、0時~24時まで利用可能です。

なお、セブン銀行ATMは現金チャージのみ対応しています。銀行口座残高から直接nanacoへチャージすることはできないので要注意。

  • チャージ手数料は、いつでも無料
  • セブン銀行ATMの利用時間は0時~24時(※ただし、お店の営業時間による)
  • セブン銀行ATMは現金チャージのみ対応のため、銀行口座残高から直接nanacoへチャージはすることは不可

セブン銀行ATM設置場所については、セブン銀行/ATM検索をご確認ください。

nanacoチャージ機で現金チャージ

お買い物ついでにチャージできる、nanacoチャージ機を利用した現金チャージ方法を紹介していきます。

  1. チャージ機の画面に従って操作し、チャージしたい金額を支払うだけで完了

nanacoチャージ機は、イトーヨーカドー・アリオ・ダイイチなどに設置されています。利用する際の注意点は、おつりがでないこと。

例えば、nanacoへ3,000円分チャージしようと思っていても、5,000円や10,000円を入金してしまった場合、2,000円や7,000円のおつりは出ず、入金した金額すべてがチャージされてしまいます。

  1. nanacoチャージ機の主な設置場所:イトーヨーカドー・アリオ・ダイイチなど
  2. nanacoチャージ機ではおつりがでない
  3. 入金した金額すべてがチャージされてしまうので要注意

おつりが必要な場合はnanacoチャージ機を利用せず、お店のレジやセブン銀行ATMを利用するようにしましょう。

チャージ方法②クレジットカードでチャージ

クレジットカードからnanacoカードへチャージする方法は、以下の2種類があります。

  • オートチャージ
  • クレジットチャージ

それでは、『オートチャージ』と『クレジットチャージ』について詳しくみていきましょう。

クレジットカードからnanacoカードへチャージするには以下の2つの方法があります。

  • オートチャージ
  • クレジットチャージ
    ※nanaco会員メニューで『クレジットカードの事前登録』が必要

オートチャージ

オートチャージ』は、セブン-イレブン・イトーヨーカドーのレジでお買い物の際、お支払後の残高が設定金額未満の場合に自動的にクレジットカードからチャージされる便利なチャージ方法です。

オートチャージ対象クレジットカードは、『セブンカード・プラス』と『セブンカード』のみ。

ただし、セブンカードの新規募集は現在行っていないので、新しくカードを申し込む場合は、セブンカード・プラスへの入会となります。

  • オートチャージ:お支払後の残高が設定金額未満の場合に自動的にチャージされるチャージ方法
  • オートチャージ可能な場所:セブン-イレブンとイトーヨーカドーのレジ
  • オートチャージ対象クレジットカード:『セブンカード・プラス』と『セブンカード』
  • 新規にカードを作る場合は、『セブンカード・プラス』への入会となる

オートチャージ機能を使用したい場合は、まず、対象のクレジットカードを準備しましょう。

nanacoが無料で発行できるセブンカード・プラスの口コミはこちら

オートチャージの設定方法

オートチャージは、パソコン・スマートフォンのnanaco会員メニューで設定します。

  1. nanaco会員メニューにログインし、セブンカード・プラス(またはセブンカード)の事前登録をする
  2. nanaco会員メニューで、オートチャージ設定をする
  3. オートチャージの設定反映をして完了

オートチャージ設定反映』とは、nanaco会員メニューで登録したオートチャージ設定の情報(オートチャージの条件や金額など)を、nanacoカード(またはnanacoモバイル)へ反映させる作業のこと。

設定反映は、セブン-イレブンまたはイトーヨーカドーのレジ・nanacoチャージ機で、『残高確認』を行うことで完了します。

  • 設定反映できる場所:セブンイレブンのレジ・イトーヨーカドーのレジ・nanacoチャージ機のみ
  • 設定反映方法:『残高確認』をする

店舗のセルフレジでは、設定反映が行えません。必ず、店員さんのいるレジで『残高確認』をお願いしてくださいね。

オートチャージ設定が完了しました。』というレシートを受け取ったら、オートチャージ完了です。

オートチャージの設定金額

オートチャージの条件(nanacoの残高がいくら未満になった場合にオートチャージするのか)と、オートチャージの金額は、以下の範囲内で自由に設定できます。

設定金額は以下のなかから自由に設定できます。

  • 1,000円~10,000円(1,000円単位で設定可)
  • 15,000円
  • 20,000円

オートチャージ金額は1回のオートチャージで入金される金額は、以下のなかから設定できます。

  • 5,000円~10,000円(1,000円単位)
  • 15,000円
  • 20,000円
  • 25,000円

nanacoの利用状況に合わせてオートチャージの条件と金額を設定しておけば、お支払い時に自動でチャージしてくれます。突然の残高不足で慌ててしまう、なんてトラブルを未然に防ぐことができますよ。

クレジットチャージ

クレジットチャージ』は、スマートフォンやパソコンを利用して、必要なときにクレジットカードからチャージできる便利なチャージ方法。

チャージ上限額は50,000円、1回にチャージできる金額は5,000円以上~1,000円単位で30,000円までです。

  • クレジットチャージ:必要なときにそのつどクレジットカードからチャージできるチャージ方法
  • チャージ上限額:50,000円
  • 1回のチャージ可能額:5,000円以上~1,000円単位で30,000円まで

ただし、nanacoへのクレジットチャージには、全てのクレジットカードが使えるわけではありません。

nanacoにチャージできるクレジットカードの詳細は、nanacoホームページをご確認ください。

クレジットチャージの設定方法

クレジットチャージは、パソコン・スマートフォンのnanaco会員メニューで設定します。

  1. 初回のみ、nanaco会員メニューでクレジットカードの事前登録をする
  2. 必要に応じて、nanaco会員メニューまたは、nanacoモバイルアプリから、チャージ金額の申込をする
  3. 申込後、nanacoの『残高確認』ができるお店、またはセブン銀行ATMで『残高確認』をして、チャージ金額を受け取る

残高確認をしてチャージ金額を受け取ったら、クレジットチャージ完了です。

残高確認ができるお店は、セブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめ、デニーズなどの飲食店、ガソリンスタンドなど。詳細は、nanacoホームページをご確認ください。

クレジットチャージの利用制限

クレジットチャージには、利用金額や回数に制限があるので要注意。

  • 利用金額:1ヶ月(1日~末日)20万円まで
  • 利用回数:1日(0:00~23:59)3回まで
    1ヶ月(1日~末日):15回まで

クレジットチャージを利用する際は、利用回数と金額を考慮しながら上手に活用していきましょう。

チャージ方法③nanacoギフトでチャージ

nanacoギフト』とは、電子マネー『nanaco』にチャージできるギフトサービスのこと。

お手持ちのnanacoカード(またはnanacoモバイル)に登録・チャージすれば、nanacoが使えるお店でお支払いに利用できます。

  1. お手持ちのnanacoカード(またはnanacoモバイル)を準備する
  2. nanaco会員メニューで、『nanacoギフトID』とnanacoの番号を登録する
  3. 『ギフト受取可能日時』以降に、お店のレジやセブン銀行ATMで、『残高確認』または『チャージ』して、ギフト金額を受け取れば完了

残高確認・チャージができるお店の詳細については、nanacoホームページをご確認ください。

チャージ方法④nanacoポイントを交換

貯めたnanacoポイントは、セブン&アイグループやnanaco加盟店で、電子マネーnanacoとしてチャージすることができます。

  1. レジカウンターにて、nanacoポイントを電子マネーnanacoに交換したい旨を伝える
  2. nanacoカード(またはnanacoモバイル)をレジにかざし、電子マネーを受け取る

nanacoポイントの電子マネーへの交換は、セブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめ、デニーズなどの飲食店やガソリンスタンドでも対応しています。

なお、ポイント交換手数料は無料。ポイント交換後の取り消しはできないので、しっかり確認してから交換するようにしてくださいね。

  • ポイントはセブン-イレブンやイトーヨーカドーなどの対象店で交換可能
  • ポイント交換手数料は無料
  • ポイント交換後の取り消しは不可

ポイントを交換できるお店の詳細については、nanacoホームページをご確認ください。

貯めたnanacoポイントのお得な使い道はこちら

nanacoカードへのチャージはクレジットチャージがお得!

主に4通りのチャージ方法があるnanaco。なかでも1番のオススメは、クレジットカードを使ったチャージ方法です。

なぜなら、便利な上、チャージすることでお得にポイントが貯められるから。

現金チャージなど、他の方法ではどれだけチャージしてもポイントは一切付与されません。

でも、クレジットカードでチャージすれば、チャージ金額ごとにクレジットカードのポイントがゲットできてしまうのです!これは、nanacoをよりお得に使うための見逃せないメリットですよね。

ただし、nanacoにチャージできるクレジットカードなら、どれでもポイントが貯まってお得!というわけでははないので要注意。nanacoへのチャージは可能でも、チャージでポイントがもらえるカードともらえないカードがあるのです。

  • nanacoへのチャージは、『クレジットカード』を使う方法がお得
  • ただし、お得なのは、nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードのみ

nanacoへのチャージ可能なクレジットカードはたくさんありますが、チャージでポイントが貯まるお得なクレジットカードって、実はそんなに種類豊富ではありません。

せっかくnanacoへチャージするなら、高還元率でチャージポイントをしっかりゲットできるクレジットカードを使いたい!

そこで、nanacoと相性ばっちり、かなりお得なクレジットカード、『セブンカード・プラス』と『リクルートカード』をご紹介します!

セブンカード・プラスのnanacoと合わせて使う!

チャージポイントが貯められるお得なクレジットカード、1つめは『セブンカード・プラス』です。

セブン&アイグループから提供されているクレジットカードで、nanacoと併用するとかなりお得で、メリット大!

  • セブン-イレブンやイトーヨーカドーでの利用ならポイント還元率1.5%
  • チャージとnanaco払いでポイント二重取り
  • 唯一、オートチャージに対応&オートチャージでポイント還元
  • 毎年50,000円以上利用なら、年会費ずっと無料
  • nanaco一体型・nanaco紐付型、選べるカードタイプ
  • セブンカード・プラスとnanacoのお得な使い分けができる

nanacoを使えるお店のなかでも、とくにセブン-イレブンやイトーヨーカドーを頻繁に利用する方にとっては、絶大なメリットをもった1枚です。

それでは、セブンカード・プラスの魅力をしっかりとお届けします。

セブンカード・プラスの基本情報

セブンカード・プラス

還元率 通常:0.5%
セブン&アイグループ:1.5%~
年会費 初年度:無料
次年度以降:500円(税込)
※年間5万円以上利用で無料
国際ブランド JCB / VISA
ETCカード 無料
家族カード 本会員と同時入会で初年度無料
次年度以降:1会員につき200円(税込)
※年間5万円以上利用で無料

 

メリット①セブン-イレブンやイトーヨーカドーでの利用ならポイント還元率1.5%

セブンカード・プラスで貯められるポイントは、nanacoポイント。

カード作成時に選んだ国際ブランド(JCBまたはVISA)が使用できるお店であれば、いつでもどこでも還元率0.5%でnanacoポイントを貯めることができます。

さらに、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどで使うともっとお得。最大1.5%ものnanacoポイントが還元されるのです。

主な対象店舗 還元率
セブン-イレブン・イトーヨーカドー
ヨークマート・デニーズ
1.5%
西武・そごう・アリオなど 1.0%
JCB/VISA加盟店 0.5%

ちなみに、nanacoカードの還元率は通常1.0%。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどでnanaco払いしても、貯まるのは100円(税抜)につき1ポイントです。一方、セブンカード・プラスなら、200円(税込)につき3ポイント。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどの対象店を頻繁に利用している方、さらに、それらのお店で現在nanaco払いをしている方、『セブンカード・プラス』なら、同じお買い物で1.5倍のnanacoポイントが貯められますよ!

メリット②チャージとnanaco払いでポイント二重取り

セブンカード・プラスからnanacoへクレジットチャージすると、チャージ200円につき1nanacoポイント貯まります。

さらに、クレジットチャージしたnanacoでお支払いすると、100円(税抜)ごとに1nanacoポイント貯まるので、ポイントの二重取りができます。

  • セブンカード・プラスからnanacoへのクレジットチャージで、200円につき1nanacoポイント
  • クレジットチャージしたnanacoでお支払いすると、100円(税抜)につき1nanacoポイント

現金でチャージしたnanacoを利用している場合は、お支払い分のポイント(100円で1ポイント)しか付与されません。

でも、セブンカード・プラスでクレジットチャージしたnanacoを使えば、お支払い分のポイントに加え、クレジットチャージ分のポイント(200円につき1ポイント)が加算されるので、とってもお得なのです!

メリット③唯一、オートチャージに対応&オートチャージでポイント還元

セブンカード・プラスは、すべてのクレジットカードのなかで、唯一、nanacoへのオートチャージが可能、かつ、オートチャージでポイントが貯まるクレジットカードです。

チャージ200円ごとに1nanacoポイント貯めることができます。

同じセブン&アイグループから提供されているセブンカードもオートチャージには対応していますが、ポイントは貯まらず、さらに、現在新規募集も行われていません。

クレジットカード オートチャージ対応 ポイント付与 新規募集
セブンカード・プラス
セブンカード × ×

セブンカード・プラスなら、オートチャージ可能、かつ、チャージポイントが貯められてとってもお得。

さらに、レジで残高不足に気づいて慌ててしまう、なんてありがちなトラブルを未然に回避、いつでもスムーズにお買い物ができてとっても便利です!

メリット④毎年50,000円以上利用なら、年会費ずっと無料

セブンカード・プラスの年会費は、初年度は無料で、次年度以降から500円(税込)。

年会費無料のクレジットカードじゃないんだ…。

と思わずがっかりしてしまいそうですが、実は、『前年度のクレジットお支払金額合計が50,000円以上であれば、次年度も無料になる』という条件があるのです。

本会員と家族会員の利用額を合算することができ、nanacoへのクレジットチャージ金額・オートチャージ金額も対象です。

つまり、毎年50,000円以上使っていれば、毎年無料でセブンカード・プラスの恩恵を受けられるのです!

  • セブンカード・プラスの年会費:初年度無料、次年度以降500円(税込)
  • 年会費を無料にする条件:毎年『50,000円以上』利用する
  • 年会費無料のお支払金額は、本会員・家族会員の利用代金を合算することが可能
  • 年会費無料のお支払金額は、nanacoへのクレジットチャージ金額・オートチャージ金額も対象

なお、家族カードの年会費は、初年度無料で、次年度以降200円(税込)かかりますが、こちらも本会員・家族会員合わせて50,000円以上の利用で無料となります。

  • 年間50,000円以上の利用で、家族カードの次年度以降年会費も無料

セブンカード・プラスを家族で使っていたり、日々のお買い物にセブン-イレブンやイトーヨーカドーを利用している方であれば、年間50,000円はそこまで高いハードルではないですよね。

メリット⑤nanaco一体型・nanaco紐付型、選べるカードタイプ

セブンカード・プラスは、nanaco一体型とnanaco紐付型の2種類から、必要に応じて選べます。

カードタイプ 特徴 オススメな人
nanaco一体型  クレジットカードとnanacoの機能が一体になったカード ・nanacoを持っていない方
・カードの枚数を増やしたくない方
nanaco紐付型 すでにお持ちのnanacoカードやnanacoモバイルに紐付けて活用できるカード ・すでにnanacoを持っている方
・クレジットカードとnanacoを別に管理したい方

 

メリット⑥セブンカード・プラスとnanacoのお得な使い分けができる

セブンカード・プラスとnanaco、どっちで支払えばいいの?

クレジットカード払いでもnanaco払いでもnanacoポイントが貯まるので、結局どちらを使えばいいのか悩んでしまいますよね。

基本的には、200円(税込)で3ポイント獲得できる、セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズでは、クレジット払い。それ以外の実店舗では、nanaco払いがお得な使い分け方法です。

  • セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズ:セブンカード・プラスでのクレジット払い
  • 上記以外の実店舗:nanaco払い

ただし、『nanacoカードキャンペーン』の期間は例外です。ボーナスポイントが付いたり、ポイントがアップしたりするので、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどのお店でもnanaco払いをした方がお得になるケースもあります。

また、セブンカード・プラスでは、200円(税込)からがポイント加算の対象。税込で200円未満のお買い物にはnanaco払いがお得です。

  • nanacoカードキャンペーン期間は、どのお店でもnanaco払いをしたほうがお得なケースも
  • 200円(税込)未満のお買い物には、nanaco払いがお得

セブンカード・プラスとnanacoを併用すれば、賢く使い分けができ、最大限のポイントが貯められるのです!

セブンカード・プラスを利用するメリットはこちら

リクルートカードならチャージで1.2%

チャージポイントが貯められるお得なクレジットカード、2つめは『リクルートカード』です。

株式会社リクルートホールディングスから提供されているクレジットカードで、ポイントの高還元率がなによりも魅力的!

  • nanacoへのクレジットチャージでポイント還元率驚異の1.2%
  • リクルートポイントは使いみち豊富

とにかく高還元率でポイントを貯めていきたい方には、相性ピッタリの1枚です。それでは、リクルートカードの魅力をしっかりとお届けします。

リクルートカードの基本情報

リクルートカード

還元率 1.2%
年会費 無料
国際ブランド JCB / VISA / MasterCard
ETCカード 無料
※VISA・MasterCardのみ発行手数料1,080円
家族カード 無料

 

メリット①nanacoへのクレジットチャージでポイント還元率驚異の1.2%

リクルートカードは、年会費無料で、いつどこで使ってもポイント還元率1.2%。nanacoへのクレジットチャージも可能で、チャージ金額に対して、しっかり1.2%分のポイントが還元されます。

ただし、nanacoへのオートチャージには対応していないので要注意。

  • リクルートカードは、いつでもどこでもポイント還元率1.2%
  • nanacoへのクレジットチャージ可能で、しっかり1.2%還元
  • nanacoへのオートチャージは不可

リクルートカードのポイント還元率1.2%。これは、年会費が無料のクレジットカードのなかでは、トップクラスの高還元率。

普段のお買い物はもちろん、nanacoへのクレジットチャージでザクザクポイントを貯めていきたいという方には、まさにぴったりのクレジットカードですよ!

メリット②リクルートポイントは使いみち豊富

リクルートカードでのお買い物、nanacoへのチャージで貯められるポイントはリクルートポイント。

じゃらん・HOT PEPPER・通販サイトのポンパレモールといったリクルートが提供する各サービスで使用できるほか、ローソンなどで使えるPontaポイントに交換することができます。

  • リクルートカードで貯まるポイントは『リクルートポイント』
  • リクルートポイントは、リクルートが提供する各サービスで使用可能
  • じゃらん
  • HOT PEPPER
  • ポンパレモール
  • Pontaポイントに交換すればPonta提携店舗での利用も可能に
  • ローソン
  • ケンタッキー
  • ゲオなど

セブン&アイグループだけでなく、リクルートサービスやPonta提携店も頻繁に利用しているという方、nanacoポイントとリクルートポイントの二重貯めで、いろいろなお店やサービスで広範囲に活用したいという方には、ぜひオススメですよ!

まとめ

nanacoへのチャージ方法は、『現金』・『クレジットカード』・『nanacoギフト』・『nanacoポイント』の4種類。

そのなかで、最大限の便利とお得をゲットしたいなら、間違いなくクレジットカードによるチャージがオススメです。

nanacoとの使い分けでnanacoポイントがザクザク貯まり、唯一オートチャージも可能な『セブンカード・プラス』を利用しても良し、いつどこで使ってもトップクラスの高還元率が魅力の『リクルートカード』を利用しても良し。

nanacoへのチャージでしっかりポイントが貯まるクレジットカードを使って、賢くチャージポイントをゲットしていきましょう!

nanacoカードを無料で発行する方法はこちら

nanacoカード(ナナコ)を無料で発行する方法|300円の発行手数料は払うな!