nanacoカード(ナナコ)を利用するメリットは多い|気になるメリット・デメリット

nanacoカード(ナナコ)

 

ピュリーン♪』の音で支払い完了。

カードリーダーにかざすだけでお買い物ができるなんて、電子マネーってとっても便利ですよね。

ちなみに、冒頭の『ピュリーン♪』は、nanacoカードを使用したときの音。セブン&アイグループ加盟店で使える電子マネーです。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーをよく利用するといった方にはメリットがいっぱい、所持必須のnanacoカード。気になっている方も多いのではないでしょうか。

でも、作るからには、どんなカードなのか、詳細をしっかりと把握しておきたいですよね。

そこで、nanacoカードの気になるメリットとデメリットを徹底解説。作るか検討中の方はもちろん、すでに持っている方も必読、よりお得に使うための秘策もたっぷりとお届けします。

  1. nanacoカード(ナナコ)を利用するメリット
    1. メリット①即時発行、その場で利用できる
    2. メリット②現金やクレジットカードよりラクラク、nanacoでスピード決済
    3. メリット③ポイント還元率は1.0%!お買い物のたびにnanacoポイントが貯まってお得
    4. メリット⑤nanacoポイントの貯め方は他にもいろいろ
    5. メリット⑤1ポイント=電子マネー1円でお得にお買い物
    6. メリット⑥nanacoポイントはANAマイル・ANA SKYコインに交換可能
    7. メリット⑦nanacoキャンペーンでお買い物がお得に&ポイントアップ
    8. メリット⑧セブンカード・プラスならオートチャージでラクラク
  2. nanacoカード(ナナコ)の気になるデメリット
    1. デメリット①発行手数料300円がかかる
    2. nanaco一体型のセブンカード・プラスを作る
    3. デメリット②ポイントの有効期限に注意
    4. デメリット③セブン&アイグループをあまり使わない人にはそもそも不要
  3. nanacoカード(ナナコ)の得する使い方
    1. セブンカード・プラスのnanacoと合わせて使う!
    2. セブンカード・プラスの基本情報
    3. 『nanaco一体型』or『nanaco紐付型』選べるカードタイプ
    4. セブンカード・プラスならnanacoカードの発行手数料が0円に
    5. セブン-イレブンやイトーヨーカドー利用でポイント還元率1.5%
    6. クレジットチャージとnanaco支払いでポイント二重取り
  4. リクルートカードならチャージで1.2%
    1. リクルートカードの基本情報
  5. まとめ

nanacoカード(ナナコ)を利用するメリット

 

nanacoカード(ナナコ)

カードをかざすだけでお買い物ができる、便利な電子マネー。

でも、nanacoカードの魅力はそれだけではありません。利用することでかなりのメリットを秘めているのです。

  • 即時発行、その場で利用できる
  • 現金やクレジットカードよりラクラク、nanacoでスピード決済
  • ポイント還元率は1.0%!お買い物のたびにnanacoポイントが貯まってお得
  • nanacoポイントの貯め方は他にもいろいろ
  • 1ポイント=電子マネー1円でお得にお買い物
  • nanacoポイントはANAマイル・ANA SKYコインに交換可能
  • nanacoキャンペーンでお買い物がお得に&ポイントアップ
  • セブンカード・プラスならオートチャージでラクラク

それでは早速、nanacoカードのそれぞれのメリットについて詳しく探っていきましょう。

メリット①即時発行、その場で利用できる

nanacoカードは、入会を受け付けているお店ですぐに作ることができます。

店舗に設置してある申込書に必要事項を記入し、レジカウンターやサービスカウンターなどで発行手数料300円(税込)を支払うと、その場で即時発行。チャージすればすぐに使い始めることができます。

また、nanacoの公式HPからも入会申込が可能です。パソコンやスマートフォンで事前にWEB申込書を記入しておけば、店頭では手数料300円を支払うのみ。

よりスムーズにnanacoカード作ることができますよ。

  • 店頭で入会&受取:店頭で申込書の記入と発行手数料の支払い
  • WEBで入会・店頭受取:店頭では発行手数料の支払いのみ

お買い物ついでにさっと作れて、チャージすればすぐに使えるスピーディーさが魅力のひとつです。

nanacoカード入会可能なお店

nanacoカードの入会を受け付けているお店を表にまとめました。

入会受付店舗 場所
セブン-イレブン レジカウンター
イトーヨーカドー サービスカウンター
ヨークベニマル サービスカウンター
ヨークマート サービスカウンター
デニーズ レジカウンター
西武・そごう 食品ギフトサロン・商品券売場

お近くに対象店舗があれば、早速今日からnanacoデビューができますよ!

nanacoカード入会時の注意点

nanacoカードに申込する際は、必ず本人が申込書の記入をしなければなりません。また、15歳以下の方の場合は、親権者の同意(署名)が必要となるので注意しましょう。

  • 申込書は必ず本人が記入する
  • 本人が15歳以下の場合、親権者の同意(署名)が必要となる

15歳以下の方は、WEBでの入会申込ができません。必ず店舗で、親権者と一緒に申込書を記入し入会するようにしてくださいね。

メリット②現金やクレジットカードよりラクラク、nanacoでスピード決済

648円です。

店員さんに言われて、40円に8円に、小銭を必死に探した経験はありませんか?
nanacoカード1枚さえあれば、小銭いらず。

カードリーダーにかざすだけ、『ピュリーン♪』でラクラク、スピーディーにお買い物ができます。一瞬で決済が完了するので、わざわざ店員さんに差し出して使うクレジットカードよりも手間がかかりません。

メリット③ポイント還元率は1.0%!お買い物のたびにnanacoポイントが貯まってお得

セブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめとする、全国の『nanacoマーク』のあるお店でnanacoカードを使用すると、お買い物のたびにnanacoポイントが貯まってとってもお得。

ポイント還元率はほとんどの加盟店で1.0%、100円(税抜)につき1ポイント貯めることができます(お店によっては、還元率0.5%の場合も)。

ポイントの受取方法は、お支払い時にその場で貯まるケースと、1日~末日の合計ポイントが翌月まとめて加算されるケースの2通り。

  • ポイントの還元率は通常1.0%
  • ポイント受取方法は2種類
    (その場で貯まるものと1カ月分まとめて翌月加算されるもの)

ポイントカードのなかには還元率0.5%(200ごとに1ポイント)のものが多いなか、1.0%の高還元率は見逃せないメリットです!

メリット⑤nanacoポイントの貯め方は他にもいろいろ

nanacoポイントは、街中のお店だけでなく、セブン&アイグループが展開するサービスを利用することでも貯めることができます。

オムニ7のお買い物でもポイント還元率1.0%

オムニ7

セブン&アイグループの総合通販サイト『オムニ7』の利用でも、nanacoポイントが付与されます。

100円(税抜)のお買い物につき1ポイント貯まり、ポイント還元率は1.0%。ネットでのお買い物でもしっかりポイントが貯められますよ。

セブン銀行の取引でもポイントゲット

nanacoポイントは、セブン銀行での各取引でも貯めることができます。

  • デビットカードの利用(利用金額に応じて0.5%~1.5%分のポイント)
  • 給与・賞与受取(初回特典500ポイント)
  • 口座振替(1件につき10ポイント)
  • 振込出金(1件につき10ポイン)
  • オムニ7の代金支払い(月5回まで1件につき10ポイント)
  • 海外送金(1件につき10ポイント)

給与受取など、お金をかけずにポイントが貯められるケースもあり、ぜひ活用したいお得なメリットですよね。

nanacoポイントをザクザク貯める方法はこちら

メリット⑤1ポイント=電子マネー1円でお得にお買い物

nanacoポイントは、『1ポイント=電子マネー1円』に交換して、全国のセブン&アイグループ各店をはじめ、nanacoマークのあるお店でお買い物に使うことができます。

電子マネーへの交換はとっても簡単。セブン-イレブンなど、対象店舗のレジカウンターで「nanacoポイントを電子マネーに交換したい」と店員さんに声をかけるだけですぐに対応してもらえますよ。

nanacoポイントを電子マネーに交換できるお店
百貨店・コンビニ・スーパー
  • セブン-イレブン
  • イトーヨーカドー
  • 西武・そごう
  • ヨークマート
  • ヨークベニマル
  • ザ・プライス
  • デリシア
  • ユーパレット
  • アップルランド
  • マツヤ
グルメ・飲食店
  • デニーズ
  • ファミール
  • 芝のラーメン屋さん
生活・暮らし
  • アカチャンホンポ
  • セブン美のガーデン
ガソリンスタンド
  • エッソ
  • モービル
  • ゼネラル

上記お店のレジカウンターのほか、イトーヨーカドーやアリオなどに設置されているnanacoチャージ機でも交換可能です。

メリット⑥nanacoポイントはANAマイル・ANA SKYコインに交換可能

nanacoポイントは、ANAマイル・ANA SKY コインに交換することもできます。

  • nanacoポイント(500ポイント)→ANAマイル(250マイル)に交換
  • nanacoポイント(500ポイント)→ANA SKY コイン(500コイン)に交換

nanacoポイントで空の旅までできてしまうなんて、とってもお得。貯めたポイントの使い道が広がって、とても便利なメリットですよね!

貯めたnanacoポイントのお得な使い道はこちら

メリット⑦nanacoキャンペーンでお買い物がお得に&ポイントアップ

nanacoカードでは、さまざまなキャンペーンが常時開催されています。

リーズナブルにお買い物ができたり、ポイントがアップしたり、ボーナスポイントがもらえたりとお得がいっぱい。上手に利用することで、ポイントもザクザク貯められますよ。

セブンイレブン・イトーヨーカドーボーナスポイントプレゼントキャンペーン

全国のセブン-イレブンやイトーヨーカドーで、期間内にnanacoで対象商品を購入すると、その場でボーナスポイントがプレゼントされるキャンペーンが行われています。

食品やドリンク、雑貨など、期間ごとにさまざまな商品が対象となり、10ポイント~250ポイントほどをゲットすることができます。

  • 期間内に対象商品をnanacoで購入:通常ポイント+ボーナスポイント

毎日飲んでいる缶コーヒーが対象になれば、毎日大量のポイントをゲットできてしまいますよ!

『8』のつく日はイトーヨーカドーのお得なハッピーデー

ハッピーデー

毎月『8』のつく日(8日・18日・28日)は、イトーヨーカドーのハッピーデー。

nanacoカードを使用すると、食料品・衣料品・住まいの品など、ほとんどの商品が5%OFFで購入できます。

また、イトーヨーカドーやアリオモールの専門店街では、獲得ポイントが通常の2倍になりますよ。

  • イトーヨーカドーのハッピーデーは毎月8日・18日・28日
  • ハッピーデーにnanaco使用で、イトーヨーカドーのほとんど全品が5%OFF
  • ハッピーデーにnanaco使用で、イトーヨーカドー・アリオモールの専門店街でポイント2倍

ハッピーデーを活用して、お得にお買い物してしまいましょう。

その他のnanaco加盟店でもポイントアップキャンペーンを開催

nanaco加盟店では、期間限定でポイントアップキャンペーンも行われています。いつものお買い物で、ポイントが通常の2倍になるなどとってもお得です。

一気にポイントを貯められるチャンスです。キャンペーン対象店舗は期間によって異なるので、店頭やnanacoの公式HPページなどでしっかりチェックしておきましょう。

メリット⑧セブンカード・プラスならオートチャージでラクラク

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス』とは、セブン&アイグループが提供しているクレジットカードのこと。

唯一、nanacoカードにオートチャージができるというメリットを持ったカードです。支払い後の残高が設定金額未満の場合、自動的にクレジットカードからnanacoへチャージされるのでとっても便利です。

nanacoへチャージしたいのに、手元に現金が無い…。
レジで支払おうとしたら残高不足…。

こんなトラブルがおこる心配もなく、ストレスフリーにお買い物ができますよ。

nanacoカードにお得にチャージする方法やオートチャージ設定方法はこちら

nanacoカード(ナナコ)の気になるデメリット

メリットがいっぱいのnanacoカードですが、いくつか気になるデメリットもあります。

発行してから後悔しないように、また、メリットを最大限活かして使っていけるように、デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

デメリット①発行手数料300円がかかる

nanacoカードは、申込時に発行手数料300円(税込)がかかってしまいます。

お得に便利にお買い物ができるようになるとはいえ、作るだけでお金がかかってしまうなんて、なんだか抵抗を感じてしまいます。

たいした金額ではないようにも思えますが、300円をポイントで換算したら、30,000円分のお買い物をしなければ貯まらないほどのポイント数。できれば、払いたくないですよね。

そんな方は必見、実は発行手数料をタダにする秘策があるのです!

イトーヨーカドーのハッピーデーにnanacoに入会する

イトーヨーカドーでは、毎月『8』のつく日(8日・18日・28日)がハッピーデー。

お得情報が満載の日で、nanacoカードも手数料0円で発行することができます。入会当日に1,000円以上のチャージが必要となりますが、すぐに作れて使い始められるのでとても便利。

お得にnanacoカードを作るなら、ハッピーデーがチャンスです!

nanaco入会キャンペーンを利用する

nanacoカードでは、新規入会キャンペーンがたびたび開催されています。

主なキャンペーン内容は、期間中に対象店舗で入会(200ポイント)+1,000円以上チャージ(300ポイント)をすると、最大300ポイントがプレゼントされるというもの。

  • 期間中の新規入会で200ポイントプレゼント
  • 1,000円以上のチャージで100ポイントプレゼント

このキャンペーンを利用すれば、発行手数料300円を払っても同額相当のポイントが返ってくるため、実質無料でnanacoカードを作ることができます。

キャンペーンはセブン-イレブンなどで不定期に行われるので、nanacoの公式HPをこまめにチェックしてみてくださいね。

スマホ利用で便利なnanacoモバイルを使う

お手持ちのスマートフォンや携帯電話がおサイフケータイに対応した機種であれば、発行手数料無料の『nanacoモバイル』もオススメです。

nanacoモバイルとは、電子マネーnanacoを利用できるアプリのこと。ダウンロードして会員登録するだけですぐに入会できます。

手数料無料でnanacoカードと同じように使えるほか、いつでもアプリ内でクレジットチャージができたり、利用状況を確認できるなど、nanacoカードにはないメリットを備えているのも魅力です。

nanaco一体型のセブンカード・プラスを作る

セブンカード・プラス

nanacoが付帯された『セブンカード・プラス』を発行するのもオススメ。セブン&アイグループのクレジットカードで、クレジット払いでも、nanaco払いでも共通してnanacoポイントが貯まるお得な1枚です。

年会費は初年度が無料、次年度から500円(税込)かかりますが、前年度のクレジットお支払合計が50,000円以上の場合は、次年度も無料となります。

年間50,000円なので、セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループを頻繁に利用する方であれば、そこまでハードルは高くないはず。『セブンカード・プラス』を作って、タダでnanacoをゲットするのも良策です。

本来300円かかるナナコカードを無料で作る方法はこちら

デメリット②ポイントの有効期限に注意

獲得したnanacoポイントは、いつまでも貯めておけるわけではないので要注意。有効期限は、取得した年度から2年後の3月末日となります。

年度とは、『4月~翌年3月までの1年間』のこと。例えば、2018年4月1日~2019年3月31日までに獲得したポイントは、2020年3月31日までが有効期限。2020年4月1日からは失効してしまいます。

nanacoポイントの使い道に迷ったら、電子マネーへの交換がオススメですよ。電子マネーには有効期限が無く、『1ポイント=電子マネー1円』に交換できます。

  • nanacoポイントの有効期限は取得した年度の『2年後3月末日』まで
  • 4月~翌年3月まで
  • 2018年4月1日~2019年3月31日の獲得ポイント→『2020年3月31日まで』有効
  • 期限切れを防ぐには、『電子マネー』への交換がベスト

せっかく貯めたポイントが失効してムダにならないよう、早めに交換してお得に活用しましょう。

デメリット③セブン&アイグループをあまり使わない人にはそもそも不要

nanacoカードが使えるのは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーといった、セブン&アイグループ系列のお店。

そもそも、こういったお店を利用しないのであれば、nanacoを作るメリットはあまりありません。

反対に、セブン&アイグループのお店で頻繁にお買い物している方にとっては、相性ばっちり、絶大なメリットをもったカードです!

セブンカード・プラスを利用するメリットや口コミはこちら

nanacoカード(ナナコ)の得する使い方

特にセブン&アイグループのお店を利用する人には、メリットいっぱい、絶対に持っておきたいnanacoカード。実は、あるクレジットカードと併用することで、もっともっとお得に使えるのをご存知ですか?

ただお買い物に利用するだけではもったいない、nanacoカードのお得な使い方をご紹介します!

セブンカード・プラスのnanacoと合わせて使う!

nanacoカードと併せて使いたいクレジットカード、1つ目が『セブンカード・プラス』。セブン&アイグループから提供されているクレジットカードです。

セブンカード・プラスの基本情報

セブンカード・プラス

還元率 セブン&アイグループ:還元率1.0~1.5%
JCB/VISA加盟店:還元率0.5%
年会費 初年度:無料
2年目以降:500円(税込)
※年間5万円以上利用で無料
国際ブランド JCB/VISA
ETCカード 無料
家族カード 初年度年会費:本会員と同時入会で無料
2年目以降年会費:1会員につき200円(税込)
※年間5万円以上利用で無料

 

『nanaco一体型』or『nanaco紐付型』選べるカードタイプ

セブンカード・プラスは、『nanaco一体型』と『nanaco紐付型』の2種類から、必要に合わせてタイプを選べます。

  • nanaco一体型:クレジットカードとnanacoの機能が一緒になったカード
  • nanaco紐付型:すでにお持ちのnanacoカードやnanacoモバイルに紐付けて活用できるカード

nanaco一体型』は、1枚でクレジット機能とnanacoの機能が使えるとても便利なカード。nanacoカードを持っていない方、カードの枚数を増やしたくない方は、ぜひ一体型がオススメです。

セブンカード・プラスならnanacoカードの発行手数料が0円に

nanacoカードを発行すると、通常300円の手数料がかかってしまいます。

でも、セブンカード・プラスのnanaco一体型なら、nanacoが付帯されているので発行手数料は0円。お得にnanacoを持つことができます。

ただし、セブンカード・プラスの年会費は、入会から1年間は無料で、2年目以降は500円(税込)。

nanacoが無料で作れても、年会費で結局損してしまうのでは?」と感じてしまいますよね。

前述したとおり、2年目以降の年会費も、前年度のクレジットお支払金額合計が50,000円以上であれば無料になります。

本人と家族カードの利用額を合算することができ、さらに、nanacoへのクレジットチャージ金額も対象。

セブンカード・プラスを家族で使っていたり、セブンイ-レブンやイトーヨーカドーを頻繁に利用している方であれば、年間50,000円は意外とあっという間に達成してしまう金額です。

セブン-イレブンやイトーヨーカドー利用でポイント還元率1.5%

セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループ対象店でセブンカード・プラスを利用すると、最大1.5%のnanacoポイントが還元されます。

主な対象店舗 還元ポイント
セブン-イレブン・イトーヨーカドー
ヨークマート・デニーズ
200円(税込)毎に3nanacoポイント
西武・そごうなど 200円(税込)毎に2nanacoポイント
JCB/VISA加盟店 200円(税込)毎に1nanacoポイント

対象店をよく利用する方であれば、ポイントをザクザク貯めることができますよ!

nanacoカードにオートチャージできる唯一のクレジットカード

セブンカード・プラスは、数あるクレジットカードのなかで唯一nanacoにオートチャージができるクレジットカードです。

残高不足を心配することなく、いつでもスムーズにお買い物ができてとっても便利ですよ。

クレジットチャージとnanaco支払いでポイント二重取り

セブンカード・プラスからnanacoへクレジットチャージすると、チャージ200円につきnanacoポイントが1ポイント貯まります。

さらに、nanacoのお支払で100円(税抜)ごとに1ポイント貯まるので、還元率は1.5%(200円で3ポイント)!

  • セブンカード・プラスからnanacoにチャージ:200円につき1ポイント
  • nanacoでお支払い:100円(税抜)につき1ポイント
    チャージ200円+支払い200円(税抜)で合計3ポイント

チャージと支払いで二重にポイントが貯められてとってもお得です。

クレジット払いとnanaco払いの使い分けでよりお得に

ここで、「クレジット払いでもポイントが貯まるのに、わざわざnanacoカードにチャージする必要ある?」と疑問を感じている方はいませんか。

実は、セブンカード・プラスのクレジット払いとnanaco払いを使い分けることで、よりお得にポイントを貯めることができるのです。

セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズでは、セブンカード・プラスでのクレジット払いがオススメです。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーでのお買い物をセブンカード・プラスでクレジット払いすると、『200円(税込)につき3ポイント』貯めることができます。

一方、nanaco払いすると、『チャージ200円+支払い200円(税抜)で3ポイント』獲得できます。

  • クレジット払い:200円(税込)につき3ポイント
  • nanaco払い:チャージ200円+支払い200円(税抜)で3ポイント

クレジットで支払っても、nanacoカードで支払っても、ポイント還元率は同じ1.5%に思えますが、上記のお店の場合は『セブンカード・プラス』でのクレジット払いをした方がお得です。

理由は、クレジット払いした際のポイントが税込価格に付与されるのに対して、nanaco払いした際のポイントは税抜価格に付与されるため。

(例)定価10,000円で、税込10,800円のお買い物をした場合のポイント数

お支払方法 獲得ポイント 備考
クレジット払い 162ポイント
(10,800円分)
200円(税込)につき3ポイント
※クレジット払いは税込価格にポイント付与
nanaco払い クレジットチャージ→54ポイント
(10,800円分)
チャージ200円につき1ポイント
nanaco払い→100ポイント
(10,000円分)
100円(税込)につき1ポイント
⇒合計154ポイント ※nanaco払いは税抜価格にポイント付与

nanaco払いすると消費税の800円はポイント対象外。一方、クレジット払いであれば、消費税800円にもしっかりポイントが付与される分お得になるのです。

ただし、nanacoカードのキャンペーン期間は例外。

基本的には、セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズでのお支払いはクレジット払いがオススメですが、nanacoカードのキャンペーン中は、ボーナスポイントがついたり、ポイントがアップされるので、nanaco払いをした方がお得になるケースもあるのです。

一方で、西武・そごう、アリオ、セブンネットショッピングなどでは『nanaco』でのクレジットチャージ+支払いがオススメです。

西武やそごうでのお買い物をクレジット払いすると、200円(税込)につき2ポイント貯まります。

一方、nanaco払いすると、100円(税抜)につき1ポイント(200円(税抜)で2ポイント)貯まり、そこに、クレジットチャージした分のポイント(200円で1ポイント)も加算されます。

  • クレジット払い:200円(税込)につき2ポイント
  • nanaco払い:200円(税抜)で2ポイント+チャージポイントが加算

そのため、これらのお店では『nanaco払い』がお得になります。

ざっくりとまとめると、nanacoキャンペーン期間を除く、セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズでは、クレジット払い。それ以外の店舗では、nanaco払いがお得な活用法。

  • セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズ→クレジット払い(※nanacoキャンペーン期間中は例外)
  • それ以外の実店舗→nanaco払い

セブンカード・プラスを持っていれば、クレジット払いとnanaco払いを使い分けることができ、最大限のポイントを獲得することができるのです!

セブンカード・プラスを利用するメリットや口コミはこちら

リクルートカードならチャージで1.2%

nanacoカードと併せて使いたいクレジットカード、2つ目が『リクルートカード』。株式会社リクルートホールディングスから提供されているクレジットカードです。

リクルートカードの基本情報

リクルートカード

還元率 1.2%
年会費 永年無料
国際ブランド JCB/VISA/MasterCard
ETCカード 年会費:無料
※MasterCard/VISAのみ発行手数料1,000円
家族カード 無料

 

nanacoカードへのクレジットチャージで1.2%のポイント還元率

リクルートカードは、年会費無料で、いつでも1.2%という驚異の高還元率が魅力のクレジットカードです。

年会費が無料のクレジットカードのなかでは、トップクラスの還元率でポイントを貯めることができます。

しかも、nanacoカードへのクレジットチャージも可能。チャージ金額に対して、しっかりと1.2%分のポイントがもらえるのです。(※nanacoカードへのオートチャージはできません。)

  • いつでもどこでもポイント還元率1.2%
  • nanacoカードへのクレジットチャージでも、しっかり1.2%還元

とにかくお得にポイントを貯めたい、という方にはオススメのクレジットカードです。

注意!ポイント対象は月間利用額30,000円まで

高還元率が魅力のリクルートカードですが、ポイント加算に条件があるので要注意。

1ヶ月間の電子マネーへのチャージ金額合計が30,000円以下であればポイント還元率1.2%ですが、30,001円以上のチャージ分についてはポイント加算の対象外となってしまいます。

  • nanacoなど電子マネーチャージの月間利用額の合算が30,000円以下…還元率1.2%のポイント付与
  • 30,001円以上のチャージ分はポイント加算対象外

リクルートカードを利用する場合は、月間のチャージ金額に注意して、しっかりと高還元率の恩恵を受けましょう!

リクルートポイントはリクルートサービスでの使用やPontaポイントへの交換が可能

nanacoカードへチャージすることで貯められるポイントは、『リクルートポイント』。

じゃらん・HOT PEPPER・ポンパレモールといったリクルートが提供する各サービスで使用できるほか、ローソンなどで使えるPontaポイントに交換することができます。

  • リクルートポイントはリクルートが提供する各サービスで使用可能
  • じゃらん
  • HOT PEPPER グルメ
  • HOT PEPPER ビューティー
  • ポンパレモールなど
  • Pontaポイントへの交換も可能

セブン&アイグループだけでなく、リクルートサービスやPontaポイントも頻繁に使用しているといった方には、高還元率のリクルートカード、絶対にオススメですよ!

税金や各支払いをnanacoで行う

セブン-イレブンでは、収納代行サービスが行われており、公共料金や国民年金保険料、各種税金などをnanacoで支払うことがきます。その際、nanacoにクレジットチャージすると節税できるのをご存知ですか?

公共料金や各種税金をnanacoで支払っても、実はポイントの対象外。支払いでは、一切ポイントがたまりません。でも、nanacoにクレジットチャージすることでチャージポイントを貯めることができるのです。

ただし、nanacoへのチャージでポイントが付与されるクレジットカードが対象。すでに紹介したセブンカード・プラスや、リクルートカードがオススメです。

(例)10,000円の税金をクレジットチャージしたnanacoで支払う場合

チャージでの獲得ポイント 支払いでの獲得ポイント
セブンカード・プラス 還元率0.5% ポイント対象外
10,000円チャージで50ポイント
リクルートカード 還元率1.2% ポイント対象外
10,000円チャージで120ポイント

nanacoでの支払いにはポイントがつきませんが、クレジットチャージ分のポイントが付与されるため、セブンカード・プラスであれば50円相当、リクルートカードであれば120円相当の節税ができるのです。

小口の税金納付はクレジット払いよりnanaco払いがお得

2017年1月よりクレジット払いが可能となった税金の項目が増えました。そのため、クレジットカードで直接支払ってもポイントが付与されます。

ただし、税金のクレジット払いには決済手数料がかかるので要注意。納税額が10,000円以下で手数料76円(税別)、以後、10,000円を超えるごとに76円(税別)が加算されます。

そのため、クレジット払いでポイントを獲得しても、手数料で損をしてしまうケースもあるのです。その点、nanacoでの支払いであれば手数料は0円で、チャージ分のポイントをしっかりゲット。

nanacoへのチャージ上限額が50,000円なので、大口の税金の納付には不向きですが、50,000円以下の小口のものであればnanaco払いが絶対にお得です。

  • クレジット納税でポイントはつくが、決済手数料がかかる
  • nanaco払いになら、手数料0円で、クレジットチャージ分のポイントを獲得できる
  • チャージ上限額50,000円のnanacoは小口の納税にオススメ

クレジットカードとnanacoを上手に活用して、しっかり節税しましょう!

まとめ

『ピュリーン♪』の音でラクラク決済、ポイントも貯まるメリットいっぱいのnanacoカード。貯まったnanacoポイントは街中でもネットでも使えてとっても便利です。

さらに、クレジットカードと併せて使えば、より便利でよりお得、ザクザクとポイントを貯めていくことができますよ。

入会キャンペーンを利用してnanacoカードを作っても良し。nanaco一体型のセブンカード・プラスを作ったり、リクルートカードと併用しても良し。

nanacoカード、早速1枚作ってみてはいかがでしょうか。上手に活用して、お得にポイントを獲得していきましょう。

nanacoカード(ナナコ)を無料で発行する方法|300円の発行手数料は払うな!