【セブンカード・プラスの口コミ】嬉しいメリット・気になるデメリットを解説

セブンカード・プラス

 

セブンカード・プラス、作ってみようかな~」と迷っているなら、まずチェックしてみましょう。

日々のお買い物はイトーヨーカドーですか?よく利用しているコンビニはセブン-イレブンですか?

nanacoポイントをお得にザクザク貯めていきたくないですか?

1つでも当てはまるなら、『セブンカード・プラス』は間違いなく発行して損のないクレジットカードですよ。

とはいえ、発行するからには、どんなカードなのかしっかりと把握しておきたいですよね。

そこで、セブンカード・プラスのメリットやデメリット、審査の難易度など、実際に利用している方の口コミを加えながら、セブンカード・プラスの気になる『』を徹底解説します!

  1. セブンカード・プラスの基本情報
    1. セブンカード・プラス基本情報
    2. 選べる2種類のカードタイプ
    3. 貯まる『nanacoポイント』
  2. セブンカード・プラスの嬉しいメリット
    1. セブン-イレブンやイトーヨーカドーならポイント3倍!
    2. 対象商品購入でボーナスポイントプレゼント!
    3. 8のつく日はイトーヨーカドーのハッピーデーでお得!
    4. nanacoへのクレジットチャージでポイント二重取り!
    5. nanacoでは貯まらないポイントも貯められる!
    6. ETCカードが無料で発行できる!
    7. 海外でのお買い物も安心のショッピングガード保険(海外)付帯!
    8. 月間の利用額合計でポイントが加算されるので、ムダなく貯まりやすい!
    9. 1ポイントから利用可能でポイントが使いやすい!
  3. セブンカード・プラスの気になるデメリット
    1. 利用状況によって年会費が発生する
    2. 旅行損害保険の付帯がない
    3. 通常のポイント還元率が高くない
  4. セブンカード・プラスの口コミ/評判
    1. 良くない評判|セブンカード・プラス(nanaco一体型)更新時にnanacoの残高が引き継がれない
    2. 良い評判|ポイント加算対象外の支払いでも、nanacoへクレジットチャージでポイントが貯まる!
    3. 良い評判|カード入会時のスピーディーな審査が魅力
  5. セブンカード・プラスの審査難易度・審査にかかる時間
    1. セブンカード・プラスの審査難易度
    2. セブンカード・プラスの審査にかかる時間
  6. セブンカード・プラスがおすすめな人
    1. セブン&アイグループ店舗をよく利用する人
    2. nanacoを無料で作りたい人
    3. 家族カードやETCカードをお得に作りたい人
  7. まとめ

セブンカード・プラスの基本情報

セブン&アイグループから提供されている『セブンカード・プラス』。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどを頻繁に利用しているなら、かなりお得なクレジットカードです。

まずは、セブンカード・プラスの基本情報からみていきましょう。

セブンカード・プラス基本情報

セブンカード・プラス

還元率 0.5~1.5%
年会費 初年度:無料
2年目以降:500円(税込)
※年に5万円以上利用で無料
国際ブランド JCB/VISA
ETCカード 無料
家族カード 初年度年会費:無料
2年目以降年会費:200円(税込)
※年5万円以上利用で無料

 

選べる2種類のカードタイプ

nanacoカード(ナナコ)

セブンカード・プラスには、クレジットカードと電子マネーnanacoの機能が1つになった『nanaco一体型』と、すでにお持ちのnanacoカード(またはnanacoモバイル)と紐付けて使える『nanaco紐付型』の2つのタイプがあります。

  • nanaco一体型:クレジットカードとnanacoの機能が一体
  • nanaco紐付型:別途nanacoカードを紐づけて使える

どちらのタイプも、セブンカード・プラスの基本的な機能は同じです。カードを1枚にまとめたいから『一体型』、すでにnanacoをもっているから『紐付型』など、用途に合わせて選ぶことができますよ。

貯まる『nanacoポイント』

セブンカードプラスを利用すると、いつでもどこでも『nanacoポイント』が貯まります。

ポイント還元率は通常で0.5%で、セブン&アイグループ利用ならなんと1.0~1.5%。

  • 通常:還元率0.5%
  • セブン&アイグループ:還元率1.0~1.5%

セブン&アイグループをよく利用している場合には、nanacoポイントがかなりお得に貯められるカードです。

nanacoポイントをザクザク貯める方法はこちら

セブンカード・プラスの嬉しいメリット

セブン&アイグループ利用なら、お得にnanacoポイントが貯まるクレジットカード。

それだけでもかなりそそられますが、セブンカード・プラスの魅力はそれだけではありませんよ。利用することで、かなりのメリットを得られるのです。

  • セブン-イレブンやイトーヨーカドーならポイント3倍!
  • 対象商品購入でボーナスポイントプレゼント!
  • 8のつく日、イトーヨーカドーのハッピーデーでお得!
  • nanacoへのクレジットチャージでポイント二重取り!
  • ETCカードが無料で発行できる!
  • 海外でのお買い物も安心のショッピングガード保険(海外)付帯!
  • 月間の利用額合計でポイントが加算されるので、ムダなく貯まりやすい!
  • 1ポイントから利用可能で、ポイントが使いやすい!

それでは早速、セブンカード・プラスの嬉しいメリットについて詳しくみていきましょう。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーならポイント3倍!

セブンイレブン

セブン&アイグループ対象店でのお買い物にセブンカード・プラスを利用すると、最大で3倍となる1.5%分のポイントが還元されます。

主な対象店舗 ポイント還元率
セブン-イレブン・イトーヨーカドー
ヨークマート・デニーズ
200円(税込)毎に3nanacoポイント
西武・そごう・アリオ 200円(税込)毎に2nanacoポイント
JCB/VISA加盟店 200円(税込)毎に1nanacoポイント

セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど、ポイント還元率1.5%の対象店を頻繁に利用しているのなら、それだけでセブンカード・プラスを作る価値ありです。

お買い物すればするほど、ポイントがザクザク貯まっていきますよ。

対象商品購入でボーナスポイントプレゼント!

セブンカード・プラスで対象商品を購入すると、お支払い時に『ボーナスポイント』がプレゼントされるキャンペーンが常時開催されています。

食料品や生活雑貨、日用品など、期間ごとにさまざまな商品が対象となり、通常ポイントに加えて、10ポイント~数百ポイントほどのボーナスポイントをゲットすることができます。

  • 対象商品をセブンカード・プラスで購入:通常ポイント+ボーナスポイント

ボーナスポイント対象店舗は以下のとおりです。

  • セブン-イレブン
  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート

イトーヨーカドーとヨークマートでは、クレジット払いのほか、セブンカードプラスを提示して現金払いをした場合でもボーナスポイントの対象となりますよ。

また、ボーナスポイントは対象商品を購入するたびに加算されます。そのため、缶コーヒーやお茶など、毎日購入しているものが対象になったときは大チャンス!毎日ボーナスポイントを獲得できてしまうのです。

8のつく日はイトーヨーカドーのハッピーデーでお得!

ハッピーデー

毎月8のつく日(8日・18日・28日)はイトーヨーカドーのハッピーデー。

店頭でセブンカードプラスを使用すると、食料品・衣料品・住まいの品など、ほとんど全品5%OFFでお買い物ができます。(※割引対象外についてはイトーヨーカドーのホームページをご参照ください。)

  • ハッピーデーにセブンカード・プラス使用でほぼ全品5%OFF

イトーヨーカドーでは、通常のお買い物でも1.5%のポイントが還元されるので、ハッピーデーを利用するとさらにお得に。

欲しいけどちょっと値段が…。

そんな商品があるときは、ハッピーデーを活用してみてはいかがでしょうか。

nanacoへのクレジットチャージでポイント二重取り!

セブンカード・プラスはnanacoへのクレジットチャージが可能なクレジットカードで、チャージ200円ごとに1ポイント付与されます。

さらに、クレジットチャージしたnanacoでお支払いすると、100円(税抜)ごとに1ポイント付与されるのでポイントの二重取りが可能なのです。

セブンカード・プラスからチャージ 200円毎に1nanacoポイント
チャージ後nanacoでお支払い 100円(税抜)毎に1nanacoポイント

 

オートチャージでもっと便利に

また、セブンカード・プラスは、nanacoへのオートチャージに唯一対応しているクレジットカードなんです。

  • セブンカード・プラスは唯一オートチャージが可能なクレジットカード

オートチャージとは、セブン-イレブンもしくはイトーヨーカドーのレジでお買い物した際、nanacoの残高が事前に設定した金額を下回るとセブンカード・プラスから自動的にチャージされるサービスのこと。

オートチャージは以下の場所で実施できます。

  • セブン-イレブン(店頭レジ)
  • イトーヨーカドー(店頭レジ・セルフレジ)
  • nanacoチャージ機

nanacoを使っていると、レジで残高不足に気づいて慌ててしまう、なんてことが起こりがちです。でも、オートチャージに設定すれば残高不足の心配ありません。

いつでもスマートにお買い物ができますよ。もちろん、オートチャージもポイント付与の対象です。

チャージ200円につき1ポイント、nanaco払いで100円(税抜)につき1ポイントで、しっかりポイントの二重取りもできます。

オートチャージの詳細はnanacoのホームページをチェックしてみてくださいね。

nanacoカードへチャージする方法やオートチャージの便利さはこちら

nanacoでは貯まらないポイントも貯められる!

ところで、nanacoポイントの加算対象外となる商品があるのをご存知ですか?例えば、公共料金・タバコ・切手やはがき・金券類など。

  • 公共料金
  • タバコ
  • 切手
  • はがき
  • 金券類など

セブン-イレブンなどのレジで、セブンカード・プラスやnanacoカードを使って支払いを済ませることは可能ですが、nanacoポイントは一切付与されません。

そんなときこそ、nanacoへのクレジットチャージをお得に活用しましょう。支払い分のポイントはつきませんが、チャージ分のポイント(200円につき1ポイント)をしっかり貯められるのです。

わずかなポイント数とはいえ、塵も積もれば山となりますよ。

ETCカードが無料で発行できる!

セブンカード・プラスなら、ETCカードを無料で作ることができます。発行手数料・年会費、全て無料です。

もちろん、ETCカード200円(税込)利用ごとに1nanacoポイント貯められますよ。

  • ETCカードは発行手数料・年会費無料
  • 200円(税込)利用ごとに1nanacoポイント付与

ETCカードの年会費がかかってしまうクレジットカードも多い中、セブンカード・プラスなら永年無料で利用できます。

高速道路を使う機会が少ない場合でも、このETCカード、作っておいて損はありません。

海外でのお買い物も安心のショッピングガード保険(海外)付帯!

セブンカード・プラスには、海外旅行時に思わぬトラブルが発生しても安心の『ショッピングガード保険』が付帯されています。

ショッピングガード保険とは、海外でセブンカード・プラスを使って購入した商品が事故による破損・盗難などの損害を被った際に補償してくれる保険のこと。

補償内容は以下のとおりです。

  • 補償期間:カードの購入日から90日間補償
  • 年間補償限度額:100万円
  • 自己負担額:1回の事故につき10,000円

家族カードで購入した商品にも本会員同様の保険内容が適用されます。

また、ショッピングガード保険の利用には、事前のお届け等は一切不要なので、出発前に手間いらず。海外のお買い物もセブンカード・プラスで安心です。

ショッピングガード保険の詳細は、セブンカードのホームページでも確認してみてくださいね。

月間の利用額合計でポイントが加算されるので、ムダなく貯まりやすい!

セブンカード・プラス(クレジット利用分)は、会計ごとの金額ではなく、締め日の合計金額でポイントが付与されます。

締め日は毎月15日で、前月16日~当月15日までの1ヶ月間にセブンカード・プラスでクレジットショッピングした分のポイントが、翌月5日にまとめて加算されるのです。

  • 1ヶ月間分(前月16日~当月15日まで)のクレジット利用金額合計に対してポイントが付与される
  • ポイント加算日は翌月5日

例えば、10月16日~11月15日の間に、セブン-イレブンで199円(税込)と201円(税込)の買い物を2回した場合について考えてみましょう。

ちなみに、セブンカード・プラスをセブン-イレブンで使用すると、200円(税込)につき3ポイント付与されます。

セブンカード・プラス(締め日の合計金額に対してポイント付与)を利用してお買い物した場合は、199円と201円の合計金額400円(税込)に対してポイントが付与されるので、ポイント加算日となる12月5日には6ポイント獲得することができます。

もし、ポイント還元率は同じでも会計ごとにポイントが加算されるクレジットカードだったら、199円のお買い物分は200円未満のためポイント対象外。

201円のお買い物分3ポイントしか獲得できませんよね。

使用するクレジットカード ポイント獲得数
(400円の買い物をした場合)
セブンカード・プラス 6ポイント
※月間利用額で付与
1会計毎のクレジットカード 3ポイント
※199円(税込)はポイント加算対象外
※201円(税込)にだけ3ポイント付与

セブンカード・プラスなら、1ヶ月間にクレジットショッピングしたすべての金額がポイント加算の対象として反映されるので、無駄になりにくく貯めやすいのです。

nanacoポイントのお得な貯め方はこちら

1ポイントから利用可能でポイントが使いやすい!

セブンカード・プラスで貯まったnanacoポイントは、基本的に1ポイント=1円相当として、1ポイントから使うことができます。

貯めたnanacoポイントの主な使い道は以下の通りです。

  • 1nanacoポイント=1円として電子マネーnanacoに交換
  • 1nanacoポイント=1円としてポイントのままオムニ7のお買い物に利用
  • 500nanacoポイント→ANAのマイル、250マイルと交換
  • 500nanacoポイント→ANA スカイコイン、500コインと交換

提携先のANAマイル・ANAスカイコインとの交換には500ポイント必要となりますが、電子マネーへの交換やオムニ7でのお買い物には1ポイントから使うことが可能。

ポイント利用まであと100ポイント足りなくて、結局失効してしまった…。

1,000ポイントは利用できたけれど、残った25ポイントはムダになってしまった…。

クレジットカードのポイント交換でありがちなこんなケース。

中途半端なポイント数だと、せっかく貯めても無駄にしてしまうことがありますよね。でも、セブンカードプラスなら、交換単位が小さいので、1ポイントも無駄にせず活用できるのです!

セブンカード・プラスの気になるデメリット

とくにセブン&アイグループを利用しているなら相性ばっちり、絶大なメリットをもったセブンカード・プラスですが、以下の通り、いくつか気になるデメリットもあります。

  • 利用状況によって年会費が発生する
  • 旅行損害保険の付帯がない
  • 通常のポイント還元率が高くない

セブンカード・プラスを発行してから「こんなはずでは…。」と、発行してから後悔することのないよう、これらのデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

利用状況によって年会費が発生する

セブンカード・プラスの年会費は、初年度は無料ですが、2年目以降は~毎年500円(税込)かかってしまいます。

ただし、この2年目以降の年会費、『本会員・家族会員合わせて年間5万円以上利用していれば無料』という条件制で無料か500円かになるのです。

  • 初年度年会費:無料
  • 2年目以降年会費:500円(税込)
    ※本会員・家族会員の年間利用合計が5万円以上で次年度年会費無料

この条件をクリアするためには、1ヶ月で平均すると毎月約4,200円の利用が必要になります。毎年無料にするには、毎年5万円以上使わなければなりません。

このように、利用状況によって年会費がかかってしまうのはちょっと気になるデメリットですよね。とはいえ、年間で5万円なので、そこまで高いハードルではありません。利用明細を確認しながら、上手に使っていきましょう。

旅行損害保険の付帯がない

海外出張がある、家族で海外旅行に行く、そんなとき旅行損害保険って重要になりますよね。

でも、セブンカード・プラスには、旅行損害保険が国内旅行・海外旅行ともにありません。

年会費無料で海外旅行損害保険が付帯されているクレジットカードもあるので、海外で利用する際には少し残念なデメリットですよね。

ショッピングガード保険は付いているのでお買い物は安心ですが、旅行損害保険が必要な場合は、他のクレジットカードの付帯サービスで補う必要があります。

通常のポイント還元率が高くない

セブン&アイグループ店舗で利用すると高還元率の恩恵を受けられるセブンカード・プラスですが、それ以外の店舗ではあまり還元率が高くありません。

200円(税込)で1ポイントなので、還元率0.5%。年会費無料で還元率1.0%のクレジットカードもあるので、通常利用ではそれほどお得ではないんです。

  • セブン&アイグループ以外の利用時は、ポイント還元率0.5%

つまり、セブンカード・プラスはセブン&アイグループを頻繁に利用しているなら相性ばっちり。

反対に、セブン&アイグループを利用しないのなら、メリットの少ないクレジットカードなのです。

セブンカード・プラスの口コミ/評判

これまでみてきたように、セブンカード・プラスはセブン&アイグループのお店でよくお買い物をしている方にはかなりメリットを持ったクレジットカードです。

でも、正直なところ「実際使ってみて、どうなの?」って、気になるところですよね。

どんなにメリットがあっても、ユーザーから不満ばかり出ているようではあまり意味がありません。実際にセブンカード・プラスのユーザーからは、どんな評価がされているのでしょうか。

そこで、セブンカード・プラスについてさらに理解を深めるために、Twitterなどに記載されているユーザーの口コミ/評判を、良くない評判、良い評判ともにみていきましょう。

良くない評判|セブンカード・プラス(nanaco一体型)更新時にnanacoの残高が引き継がれない

セブンカード・プラスの良くない評判をみていると、カード更新時におけるnanacoポイント残高への不満の声がきこえてきます。

これらのツイートをまとめると以下のとおりです。

  • セブンカード・プラスの『nanaco一体型』は、更新後の新しいカードにnanacoの残高・ポイントが引き継がれない
  • 旧カードを破棄する前にnanaco残高・ポイントを使い切る必要がある
  • 旧カードのnanacoを使い切るためにお店で使用すると、新たなnanacoポイントが貯まってしまう

これらの声は、セブンカードプラスの『nanaco一体型』へ寄せられているもの。

セブンカードのホームページにも、nanaco一体型の更新時について、nanaco番号が変わってしまうため、新しいカードにnanacoの残高・ポイントが引き継がれない旨が明記されています。

カードの更新時には破棄する前に、旧カードに残っているnanaco残高やポイントを使い切ることが必要になりますが、nanacoで100円(税抜)以上のお買い物をするとまたポイントがついてしまい、なかなか消化できないという悪循環に陥ることも。

  • 更新時には、nanaco残高とポイントを上手に使い切ることが重要

nanaco残高・ポイントを使い切る前に旧カードにハサミを入れてしまうと、全て無効になってしまうので注意が必要です。

nanaco紐付型なら更新時も安心

ちなみに、セブンカード・プラスには、『nanaco一体型』のほかに『nanaco紐付型』があります。

こちらは、お手持ちのnanacoカード(またはnanacoモバイル)と紐付けて使うので、セブンカード・プラスが更新となってもnanaco残高やポイントが引き継がれます。

  • セブンカードプラス『nanaco紐付型』なら、更新後もnanaco残高・ポイントが引き継がれる

更新時にnanaco残高やポイントを消化しなければならない点に抵抗を感じる場合は、『nanaco紐付型』を選ぶと安心ですよ。

良い評判|ポイント加算対象外の支払いでも、nanacoへクレジットチャージでポイントが貯まる!

nanacoへのクレジットチャージは可能でも、チャージ分のポイントまで貯まるクレジットカードって、実は種類が少ないのです。

そのため、『200円チャージごとにしっかり1nanacoポイント貯まる』セブンカード・プラスのメリットについて高く評価する声が多く見受けられます。

これらのツイートをまとめると以下のとおりです。

  • nanaco払いでポイントが貯まらない税金や公共料金も、クレジットチャージしたnanacoで支払えば、チャージ分のポイントをお得に獲得できる

公共料金や税金の支払いをしてポイントが獲得できてしまうなんて、知らなきゃ損、やらなきゃ損のお得情報。

セブンカード・プラスの『クレジットチャージポイント』を貯められる点に魅力を感じているユーザーはかなりいるようです。

お買い物でnanacoポイントをよりお得に貯められて、通常nanaco払いでは貯められないポイントもお得に獲得でききます。

セブンカード・プラスはnanacoを無敵にするクレジットカードなんですね。

良い評判|カード入会時のスピーディーな審査が魅力

クレジットカードを作るときって、審査にどれくらい時間がかかるか気になるところですよね。

ツイッターを見てみると、セブンカード・プラスの審査はかなりスピーディー。あっという間に審査完了となるスピード感に魅力を感じているユーザーもいるようです。

クレジットカードの中には、申込から即日審査を通過し、2週間ほどでカードが手元に届くケースもあります。

また、数あるクレジットカードの中でも、セブンカード・プラスの審査難易度はそれほど高くないといわれています。

クレジットカードは作れなければ意味がありません。作りやすく、すぐ手元に届くのは魅力的ですよね。

セブンカード・プラスの審査難易度・審査にかかる時間

前述したTwitterの口コミでも触れましたが、クレジットカードを作るときには、審査に通るか、どれくらいで審査が完了するのか、気になりますよね。

そこで、セブンカード・プラスの『審査難易度』『審査にかかる時間』についてより詳しくみていきましょう。

セブンカード・プラスの審査難易度

セブンカードのホームページによると、入会条件は『高校生を除く18歳以上で、本人または配偶者に継続して安定した収入のある方』とだけ記載されています。

当然ながら、明確な基準についての記載はなく、これだけ見ると、ずいぶん間口が広く感じますよね。

  • 入会条件:高校生を除く18歳以上で、本人または配偶者に継続して安定した収入のある方

クレジットカードを系統別に見ると、主に『銀行系』『信販系』『流通系』などに分類されます。

  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系など

そして、一般的に審査難易度は流通系が最も低く、銀行系が最も高いとされています。

  • 審査難易度は、流通系→信販系→銀行系の順に厳しくなる

その中で、セブンカード・プラスは、比較的審査が厳しくないとされる流通系のクレジットカード。

基本的に、お店に足を運んでもらうためにクレジットカードを発行しているため、学生(高校生以下は不可)や専業主婦でも作りやすくなっているのです。

そのため、本人または親や配偶者に一定額以上の収入があれば審査に通る確率が高くなります。

ただし、審査の際にはクレヒス(滞納の有無など過去のクレジットカードの利用状況)も重視されるので、その点は注意しましょう。

セブンカード・プラスの審査にかかる時間

セブンカード・プラスの審査時間は、WEB上の申込で早ければ数十分ほど。

クレヒスに問題があったり、土日や連休などを挟むと時間がかかる場合もありますが、基本的には、かなり迅速に審査結果の連絡があります。

また、セブンカードのホームページによると、申し込みからカードが届くまでは、およそ3~4週間とされています。

  • 審査時間は早ければ数十分とかなり迅速
  • 申込からカード発行までの目安はおよそ3~4週間

ただし、先程の口コミでお伝えした通り、「申し込みから10日前後でカードが届いた!」という利用者も多くいます。

このことから、セブンカード・プラスは、審査時間・カード発行までの時間、ともにかなり迅速、スピード感がありますね。

セブンカード・プラスがおすすめな人

セブンカード・プラスについて、良い面はもちろん悪い面についても、かなり知識が深まってきたのではないでしょうか。

そこで最後に、セブンカード・プラスはどんな人に向いているのかについて触れていきますね。以下の項目にひとつでも当てはまるものがあれば、それは、セブンカード・プラスの恩恵をたっぷりと受けられる証拠。

ぜひ入会することをオススメします!

  • セブン&アイグループ店舗をよく利用する人
  • nanacoを無料で作りたい人
  • nanacoへオートチャージを利用したい人
  • 家族カードやETCカードをお得に作りたい人

それでは早速、ひとつひとつみていきましょう。

セブン&アイグループ店舗をよく利用する人

なによりも、セブン&アイグループを利用するかどうかが一番の決め手。

なかでも、セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズなら、200円(税込)利用につき3nanacoポイント、1.5%ものポイントが還元されるのです。

  • セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークベニマル・デニーズならポイント還元率1.5%

特にこれらのお店を利用しているのなら、セブンカード・プラスのメリットは絶大。かなり作る価値ありですよ。

nanacoを無料で作りたい人

nanacoを無料で作りたい方にも、セブンカード・プラスはオススメです。

nanacoカードって、実は、発行手数料300円(税込)がかかります。キャンペーンによっては無料で発行可能なケースもありますが、基本的には300円。

無料で作れるポイントカードが多いなか手数料に300円って…、nanacoを使いたいと思ってもなんだか抵抗を感じてしまいますよね。

  • nanacoカードには300円(税込)の発行手数料がかかってしまう

でも、セブンカードプラスのnanaco一体型を選べば、クレジットカードにnanacoの機能が付帯。手数料をかけずに無料でnanacoをゲットできるのです。

  • セブンカードプラスnanaco一体型なら、nanacoの機能が付帯

セブンカード・プラスは初年度年会費無料。2年目以降の年会費も、毎年5万円以上使っていれば無料になります。

日々のお買い物に利用するのなら、年間5万円はそこまで高いハードルではないはず。セブンカード・プラスを作って、無料でnanacoをゲットしてみてはいかがでしょうか。

nanacoカードを実質無料で発行する方法はこちら

家族カードやETCカードをお得に作りたい人

家族カードやETCカードを無料で発行したい方、さらに、家族で合算してポイントを貯めていきたいと考えている方にとってもセブンカード・プラスはオススメですよ。

ETCカードは永年無料

まず、セブンカード・プラスに入会すれば、ETCカードは無料で発行でき、無料で持ち続けることができます。

  • ETCカードの発行手数料・年会費は0円

200円(税込)利用ごとに1ポイント貯めることができますし、一切お金がかからないので、作っておいて損はありません。

利用状況によって家族カードも無料にできる

つづいて、家族カードについては、初年度年会費無料、2年目以降年会費は200円(税込)かかります。

  • 『家族カード』初年度年会費:無料、2年目以降年会費200円(税込)
    ※本会員・家族会員合わせて年間5万円以上の利用で、次年度年会費も無料

とはいえ、2年目以降の年会費は、本会員と同じ条件(本会員・家族会員合わせて年間5万円以上利用)をクリアすれば無料にすることができるのです。

家族カードを作って、家族で利用しようと考えているのなら、年間5万円はすぐに達成できてしまう金額のはず。

また、家族カード利用分のnanacoポイントは本会員のnanacoに加算されていきます。

  • 家族カード利用分のポイントは本会員のnanacoに貯まる

そのため、ポイントをより早くより多く獲得できるようになりますよ。

まとめ

日々のお買い物にセブン&アイグループを利用しているなら、nanacoポイントを絶対に貯めておきたいですよね。

そして、そのnanacoポイント、セブンカード・プラスを使えば、さらに便利にさらにお得に貯めていくことができるのです。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーならポイント3倍、オートチャージやクレジットチャージでポイントの二重取りも可能です。

また、公共料金など通常ではnanacoポイントのつかない支払いでも、チャージ分のポイントを獲得できるなど、セブンカード・プラスはnanacoをより無敵にするクレジットカードなんです。

1ポイント=1円から使うことができる、ポイントの使いやすさも魅力ですよね。セブンカード・プラスを上手に活用して、今より、もっとお得を手に入れてしまいましょう。

nanacoカード(ナナコ)を無料で発行する方法|300円の発行手数料は払うな!